twitter Twitter not configured gradient

Appleが意図的にスマホの動作速度を遅らせていた目的とは

スマホを使っていて、急に電源が切れてしまうといったトラブルに遭遇したことはありませんか?このような事態を避けるためにも、アップル側は、スマホの動作速度を意図的にコントロールしていたことが明らかにになりました。
○古くなったスマホの動作速度を遅らせていた?
アップルは、iPhoneの動作速度を意図的に引き下げていたことを認めています。
アップルはiPhoneに搭載されているリチウムイオンバッテリーが古くなり、出力が不安定になることで、予期せぬシャットダウンなどが発生するのを避ける目的で、このような対策をとっていたと言います。
○バッテリーサイクルはスマホだけでは調べられない?
Appleは、スマホの充電サイクルが500回を超えるとバッテリー機能が低下してしまうことについて、サポートページでも言及しています。
しかしiPhoneのバッテリーサイクルを調べるには、MacかWindowsパソコンが必要で、iPhone自体で調べることができないのが不便です。
そのため、バッテリーサイクルがどうなっているのか、自分で把握していない人も多いのです。

Appleは
iPhone6以前のモデルについて、
バッテリー交換料金を一時的に引き下げる他、
2018年前半にiOSのアップデートによってiPhone単体でバッテリー状態を確認可能にする、
と発表しています。リモートサポート アプリ

リモートワークスについて

リモートワークスとは何かご存知ですか?
リモートワークスとはサーバーを取り入れることなく、インターネット環境とリモートワークスだけで、出かけ先から社内のパソコンへと、セキュアにアクセスできるSaaS型リモートアクセスサービスです。
○リモートワークスのいいところは便利で低価格なところ?
リモートワークスは、次のようなメリットがあります。
・初期費用0円
・月額600円
・平日午前9時~17時半までメールや電話でサポートしてくれる
・管理者様専用の「 Web 管理サイト」も無償でご提供してくれる
リモートワークスは、多様な働き方のニーズに対応してくれます。
在宅勤務などによって、ワークライフバランスを実現できるようになるため、人材確保にもつながります。
○社内のPCへアクセスし、事業を継続できる

出勤できない状況でもパソコンの作業は全部できるため、業務も滞らないでしょう。
BCP対策にも有効です。
セキュリティ対策としての利用事例は次のようになります。
社内ポリシーにあった設定変更が簡単にできるようになる
利用した端末の形態や、ご利用シーンに合わせたサービスラインナップをご用意しています。社内の方針に従って、設定も自由に変更することができます。https://www.remotecall.com/jp/

ビジネスシーンにおいても役立つリモートアクセス

出張する機会の多い人や、仕事をもっと効率化したいとお考えの人であれば、ビジネスシーンでもリモートアクセスを利用することが可能です。
それでは、ビジネスシーンとはどのような時のことなのでしょうか。
○社外から社内データを更新することができます
リモートアクセスであれば、会社の外にいたとしても、遠く離れていても、社内のデータを更新することができます。
リモートアクセスはワンタイムパスワードも取り入れていて、厳重にセキュリティ対策されているため、安心してアクセスを許可することができるでしょう。
○外出先や出張先でもデータの受け取りや更新ができます
仕事で外出や出張が多い人は、外出先でデータや資料が必要になってしまうこともあるはずです。
メール機能を使って済ませることもできますが、データの容量によっては受け取れない、時間がかかるといったトラブルも出てくるはずです。
そんな時でも、リモートアクセスがあれば迅速に対応してもらうことができて便利です。
素早く正確にキャッチしてもらえるでしょう。
web会議 費用

リモートアクセスのメリットと導入する時の注意点

最近じわじわと浸透してきているリモートアクセス。
メリットにはどのようなものがあるのでしょうか?
リモートアクセスを導入する時には、気を付けておきたいことがあります。それには何があるのか、ご紹介していきましょう。
○エリアの広いところで
場所や時間を選ばないで済むリモートアクセスですが、そのメリットを最大限に引き出すためにも、利用エリアは広いところにしておくのがいいです。
端末に回線を接続する優先タイプによって、回線のいらないモバイルタイプの方が、エリアは広くなります。
さらにモバイルタイプのサービスを選ぶ時には、提供エリアの広さも比較するといいでしょう。
○通信のスピードと安定性
リモートアクセスサービスを快適に利用するには、通信スピードと安定性も重要でしょう。
社外から大容量のファイルをダウンロードするという使い方が多い人は、特に通信スピード、通信が遅延しにくい安定性などを、サービスごとに比較して選ぶ必要があります。web会議 ブラウザ

スマホユーザーのリアルな感想~スマホのメリットって?

ネットユーザーが増えてきたこの頃。スマホユーザーも年々増えてきています。
スマホは便利なアプリや機能を使うことができますが、その一方で、スマホは高い、依存してしまいそうで怖い…といった声も耳にします。
そこで今回は、スマホユーザーだからこそわかる、スマホならではのメリットについて
お伝えしていきます。
○スマホのメリットを感じる人が多い?
当然ですが、スマホにはメリットもあればデメリットもあります。
あるアンケート調査によると、メリットの方が多いという意見は42名、デメリットの方が多いと感じる人は8名と、スマホはメリットの方が多いと感じる人がほとんどです。
○スマホを持ったメリットとは
スマホのメリットとして、「多機能」を挙げる人が多いです。
アンケートによると、スマホでは読書や音楽、勉強系のアプリ、インターネット検索、辞書など、様々な機能をスマホ1台でカバーできるため、あれこれ機器を持つ必要がなくなって便利だと答える女性もいます。https://www.remotecall.com/jp/support/contact-us/

どうして遠隔サポートが今、注目されているの?その効果とは

遠隔サポートという言葉を耳にすることは、最近では珍しいことではありません。
それくらい私たちの生活に深く根付いてきているサービスでもあります。
○どうして遠隔サポートが導入されたか
遠隔サポートがこれほどまでに浸透してきた背景には、働き方の多様化が挙げられます。
様々なワークスタイルが出てきて、BCP対策など労働環境の変化に対応できるよう、事前のリスクヘッジを備えておくことが必要になってきました。
例えばサイバー攻撃や震災への対策の一環として、リモートアクセスを用いるのも大変役立つでしょう。
○遠隔サポートで期待できる効果とは
リモートアクセスは通信回線周りの設備関連です。
しかしながら、社内ネットワークやネット回線が可能な環境であればかかる費用も小規模であり、機器設備とサービスにかかるランニングコストだけで済むでしょう。
事務作業や専門分野での利便性に留まらず、営業や販売、接客の分野に取り入れることによって、様々な効果が期待できるでしょう。https://www.remotemeeting.com/ja/

遠隔サポートサービスでトラブルをスムーズに回避

パソコンやスマホを日々多用していると、何かしらトラブルにあってしまうこともあるでしょう。
そんな時、ご自分でうまくトラブルを解消できれば問題ありませんが、もしも機械に弱くて苦手だった場合、そうはいきませんよね。
しかし遠隔サポートサービスを利用すれば、専門のオペレーターが遠隔操作してくれるため、トラブルを迅速に解消することが可能です。
トラブルが発生した時、社外の専門家に問い合わせ、専門知識を持ったスタッフさんに対応してもらうことで、解決が早急に図れるでしょう。
自己流で操作してしまうと、状況がさらに悪化してしまう恐れもあります。
専門スタッフに個別で対応してもらうことによって、自社で対応するよりもスピーディーにトラブルを解消していけるでしょう。
○社外から遠隔サポートしてもらうことによって業務の効率化
業務を効率的にこなしていくためにも、遠隔サポートは重要です。
遠隔サポートは、カフェやご自宅にいながらも、オペレーターに遠隔操作してもらうことができるので、自分一人では解決の難しい問題でも、スムーズに問題を解決していくことが可能となります。
詳しくはこちら

中国のスマホメーカー「OPPO」の洗練された薄いデザインにも注目

予想通り、中国のスマホメーカーである「OPPO」が、日本のSIMフリースマホ市場に参入してきました。
日本で出ている最初のスマホ「R11s」は、海外で販売されているR11sと同じで、後ろにデュアルカメラ、インカメラにビューティーモードを搭載しています。
最もカメラ機能に力を入れた構造にしています。
○薄く洗練されたメタルボディーも魅力的
本体をもってみると分かりますが、極薄です。
側面も本当に細くてシャープです。
背面にはデュアルカメラとライト、指紋センサーとOPPOのロゴのみでスッキリしています。
アンテナのスリットは本体の縁に沿って、あまり目立たないように工夫されています。
今回日本に投入されるR11sも、スペックはグローバルモデルと同じです。
バッテリーの容量は3205mAhです。
カメラは背面にデュアルカメラを搭載していて、インカメラは2000万画素です。
2:1の縦長有機ELディスプレイにデュアルカメラと、最近のスマホのトレンドを取り入れた端末になっていますが、プロセッサがSnapdragon 660と、控え目です。
ただし値段は57,980円と、ハイエンドモデル並みです。お問い合わせ : リモートサポート、リモートコントロールのRSUPPORT – リモートコール

従来の問題点をクリアした遠隔サポート

パソコンやスマホといったデバイスやwebサービスのユーザーへのサポートとしては、
電話によって行うのが一般的です。
しかしながら、最近ではオペレーターがリモート操作によって、必要な操作を代行する「遠隔サポート」が一般化してきています。
そこで今回は遠隔サポートについての概要や、遠隔サポート提供側とクライアント側のメリットやデメリット、さらには活用するための注意点をわかりやすくまとめています。
○遠隔サポートって何?
遠隔サポートは、オペレーターが離れたところから操作することによって、必要な操作を代行してくれるものです。
一般的にいうと、ユーザーは以下のようなステップで遠隔サポートしていきます。
ユーザーへのサポートは、従来は電話によって行われてきました。
しかしながら電話だけに頼ったサポートでは、ユーザーが取るべき行動をオペレーターが正しく伝えることが難しいという問題点もありました。
しかしながら遠隔サポートであれば、このようなもどかしい事態を回避することが可能です。電話による指示だけではなく、ユーザーが目にしているPCやスマホの画面上で指示を出す、オペレーターが直接操作をすることによって短時間で要領よく、的確なサポートを行えるからです。
このような意味においても、ユーザサポートにおいて遠隔サポートが一般化しつつあるのは自然と言えるでしょう。画面共有 iphone

リモートアクセスが人気、その背景とは

皆さんこんにちは。
今日は「リモートアクセス」についてのお話です。
利便性が高く、様々な企業でも取り入れられているリモートアクセスですが、セキュリティ面に関する課題があるのも事実です。
○リモートアクセス普及の背景
パソコンやモバイル端末が広まるようになり、移動先や家にいても、いつでも企業内のデータにアクセスすることができるのは、「リモートアクセス」のおかげでもあります。
会社内にいなくても、リモートアクセスがあればまるで社内で作業しているかのように、仕事がはかどります。
どこにいても場所を選ばないということですね。
これは、「オフィスにいる時と同じように出張先や家でも仕事をしたい」という要望をかなえるために実現しました。
最近では、「リモートアクセス」に対する要求も高まっています。
これまではリモートアクセスのため、企業内のイントラネットにRASを設置して、ダイヤルアップでつなぐ方法が使われていました。
しかしこの方法では利用者数や距離に応じて費用が高くなってしまうことや、回線速度が遅くてアプリケーションが使いづらくなるといった問題がありました。
そこで最近では、ネットでブロードバンド回線が普及し、リーズナブルな価格で高速通信が可能となったのです!https://www.remotecall.com/jp/