twitter Twitter not configured gradient

「HUAWEI Mate 20 Pro」はここが凄い!

“最新ニュース情報を参考にすると、色々な情報がアメリカからリークされていますが、それでも、HUAWEI(ファーウェイ)の最新機種は人気が高いです。
どんなところが凄いのかというと、android端末の中でも飛び抜けたスペック、機能を持っているため人気が高いのです。HUAWEIのandroid端末を調べる場合は、最新機種のHUAWEI Mate 20 Proの評価を参考にすると良いでしょう。
HUAWEI Mate 20 Proの評価の中には、最高レベルのベンチマークスコアがあります。HUAWEI Mate 20 Proは、AnTuTuの公式サイトによって、309628のベンチマークスコアを記録しているのですが、これはなんとAndroid初の快挙なのです。
しかもHUAWEI Mate 20 Proは、フラッグシップモデルのため新機能が多いです。HUAWEI Mate 20 Proの新機能では、6GBの大容量メモリだけでなく、128GBのストレージを備えているため、ハイエンドモデルの中でも飛び抜けているというのは事実となります。
さらに、2K+ディスプレイ、トリプルカメラ搭載となっているので、最新機種ならではのスペックを誇っています。”

「Xperia XZ3」のハイレゾ音源の注意点

“Xperia XZ3を通じて有名になった「ハイレゾ音源」ですが、こちらは従来のCDよりも音質が向上しているだけでなく、ライブ感なども再現されているため人気が高いです。
ですが、何も知らずにXperia XZ3を利用されていると、ハイレゾ音源を利用できないので注意してください。ハイレゾ音源は、高性能スマートフォンに良く搭載されている音源なのですが、「専用イヤホン、専用ヘッドホン」込みで性能を発揮する音源です。
専用イヤホン、専用ヘッドホンの購入は、「Xperia公式サイト、通販サイト」などで行えるようになっています。Xperia XZ3購入者の中には、ハイレゾ音源が機能しないことで、機器そのものの故障を疑う人もいるのですが、そのような時ほど周辺機器をチェックしたほうが良いのです。
このようなことを知っていると、メーカー側へのアクセスも減りますし、ノーストレスのままハイレゾ音源を楽しめるようになります。”

ズーム撮影に革命をもたらしたトリプルカメラ

“デュアルカメラとして案内されることが多いトリプルカメラですが、トリプルカメラには以下のような長所があるため、今では、ハイエンドモデルやミドルレンジモデルのandroid端末でも、トリプルカメラが良く採用されているのです。
トリプルカメラの長所その1は、「ズーム撮影に適している」ところでしょう。従来のズーム撮影というのは、どうしても画質が粗くなってしまう問題を抱えていて、スマートフォンのネックとして扱われることも良くありました。
ですがトリプルカメラは、画質の劣化が起きない長所があるため、新しいデュアルカメラとして良く案内されているのです。トリプルカメラの長所その2は、「ポートレートの撮影を簡単にできる」ところでしょう。
デュアルカメラ・トリプルカメラのスマートフォンを利用する場合、手前の被写体にピントが合っているのは当然です。しかも背景は自然にボケている状態にできるため、従来のスマートフォンでは難しかった撮影を、トリプルカメラは可能にしています。”

新しい発想のスマホ置き場

スマホを充電する時に宙に浮いたりして、下に置けなかったりテーブルに置くと邪魔な時ってありませんか。しかし、充電を止めるわけには行かなくしなくてはならない時に便利な道具を教えましょう。このアイテムはかけるだけでスマホ台になる道具です。この台の先にはリングが付いており、充電器が刺さっているコンセントなんかにかけておけば、文字通りその場で充電ができるようになるのです。しかも薄い為単体でも邪魔になることは滅多にありません。さらに見た目とは違い頑丈にできている為、簡単にスマホの重みで落ちることも滅多にありません。使い込めばそれなりに弱くなるとは思いますが。人によっては小型スピーカーの台にもなるそうで使い用はいくらでもありそうです。掃除の時や食事の時にも使えるため、家族にも褒められること間違いありません。机の上のごちゃごちゃも無くなりそうですし、是非一ついかがでしょうか。できれば一つではなく三つ買えば、スマホとスピーカーでカッコいいものが作れそうです。

指輪型スマートフォン

スマートフォンを持って電話したり、イヤホンをつけて音楽を聞いたりする筈だ。しかし、スマートフォンはでかいしイヤホンがかさばったりすることがあると思う。そんな中今、発売されているものだったらワイヤレスイヤホンのBluetoothでつなげるものだったり、Apple Watchみたいなものだったり様々なものが販売されている。しかし、指輪型のものは見たことあるだろうか。サイズもS.M.Lとありどんな人にも対応している。簡単なメッセージを送れたり、電話もできる。通知も設定できる上に防水機能も付いている優れものだ。Apple Watch見たいな物より優秀ではないが、その分コンパクトで最小限な事なら大体こなせる。あまりスマホがいらなく事務として必要ならこちらだけで十分だと思う。名前は「ORll」という名前で、値段は2万半ばぐらいでそれほど高くはない。指輪としてつけるからアクセサリーとしても使えて、カラーバリエーションも多いから買って損はないと思う。

気分に合わせたスマホのスキンシール

自分の好きなスマホの機種やデザインを手に入れると嬉しいと思います。でも、毎日同じデザインのスマホには流石に飽きがくるのではないでしょうか。私もその中の一人で、好きなデザインでも流石に毎日見ていると飽きてきます。そこで私はとあるシールを見つけました。このシールは、スマホにカバーをつけて外見を変えると言う手段を、極限まで薄くした方法だと私は思っています。その方法と言うのがシールです。薄いシールを貼るだけで、気分にあったスマホのデザインになるのです。厚みもない為、スマホカバーみたいなかさばるものにもなりませんし、何よりシールな為価格もぐっと安くなる。サイズもiPhoneからAndroidまでと何にでも対応している為、この商品はきっと流行るでしょう。スマホも折りたたみ式なんてのも出てくる時代ですので、この際カバーではなくシールを買って時代に乗っかってみてはいかがでしょうか。きっと人気者になれると思いますよ。

NTT-ATとTrusona、ID/パスワードを使用しないセキュアなVPNアクセスを実現するソリューションを提供

NTTアドバンステクノロジ株式会社と米TRUSONAは18日、Trusonaの「Trusona#NoPasswords」ソリューションと、F5のアクセス制御ソリューション「F5 BIG-IP Access Policy Managerを組み合わせ、従来のIDおよびパスワードを使用しないVPNアクセスへのセキュアな認証ソリューションの提供を開始しました。働き方改革の進展に伴い、外出先から社内システムにアクセスできるVPNなどのソリューションが注目を集めているのですが、従来のIDやパスワードを使った外部からのアクセスでは、IDやパスワード流失によるセキュリティ面の懸念が指摘されています。こうした課題に対し、NTT-ATとTrusonaでは、スマートフォンの生体認証を活用し、独自のアンチリプレイ技術により強固なセキュリティを確保するTrusonaのNoPasswordsソリューションと、認証および認可された通信のみを内部に通すファイアウォールを可能とするBIG-IP APMを組み合わせることで、IDとパスワードを用いないVPNへのアクセス方法を実現するソリューションを提供します。

AnySupportで遠隔サポート

遠隔サポートは多くの人に知られるようになり、実際にトラブルが起きた時に利用している人も増えています。
その遠隔サポートを行っているのがAnySupportで、リモートサポートオペレーターが利用者と画面を共有してトラブルや設定などのサービスを遠隔サポートしています。
また、AnySupportは15日間無料体験を行っていますので初心者でも安心して利用することができるでしょう。
利用料金は月額9000円からとなっており、少し高いと思うかもしれませんが、使いやすさと利便性が高く考えられていますし、高いセキュリティ対策で機密性と安全性にもしっかり配慮されてきますので、個人や企業でも安心して利用することができるでしょう。
こうした遠隔サポートだけではなく、企業内での業務を効率化させることができます。
それに、チャット機能やファイル転送機能、ペイント機能などのサポートサービスも充実しています。
電話サポートでは難しい時間短縮を可能にしている遠隔サポートは試してみる価値があります。

親子でうれしいキッズスペース付きサテライトオフィス

ガラス越しに働くママとパパが見えます。働き方改革を実現する会社、自宅に続く第3のオフィスとして、最近注目度の高いサテライトオフィスです。支社や事務所をサテライトオフィスとして利用しているところもあるのですが、最近ではシェア型のサテライトオフィスも増えてきました。カフェに比べてセキュアで、複数の企業でシェアする形になるので、自前で持つよりコスト面もお得です。ターミナル駅のサテライトオフィスであれば、営業拠点として利用できますし、郊外型のサテライトオフィスであればリモートワークの拠点としても活用できそうです。ザイマックスの「ちょくちょく…」もこうした法人向けサテライトオフィスの1つで、6月現在都内・郊外などに32店舗が展開されています。カフェでの仕事で心配なセキュリティがきちんと確保されているのが特徴で、仕事環境も個室、ソファ席、集中ブースなどいろいろ用意されているのです。また、登録料や事務手数料などなく、15分150円~という従量課金制という点もユニークですよ。

オンリーサービスの遠隔サポート

タブレットやスマホ、パソコンの使い方が分からない人やインターネットに繋がらなくて困っている人などは、プロフェッショナルのサポートを受ければ問題を解決することができます。
そのプロフェッショナルのサポートの一つに遠隔サポートがあり、問題を解決するために多くの人が利用しています。
この遠隔サポートを行っているオンリーサービスでは月額500円で様々な問題を解決することができ、365日の10時から22時まで利用することができますので誰でも利用しやすい遠隔サポートと言えるでしょう。
また、オンリーサービスの遠隔サポートは、サポート範囲がスマホやタブレット操作のサポート、標準アプリケーションのサポート、ワイヤレスネットワークへの接続サポートとなっており、リモートサポートアプリをダウンロードしてから利用することになります。
電話やメールでのサポートもありますので、遠隔サポートを受ける前に試してみるのも良いでしょう。