Appleが意図的にスマホの動作速度を遅らせていた目的とは

スマホを使っていて、急に電源が切れてしまうといったトラブルに遭遇したことはありませんか?このような事態を避けるためにも、アップル側は、スマホの動作速度を意図的にコントロールしていたことが明らかにになりました。
○古くなったスマホの動作速度を遅らせていた?
アップルは、iPhoneの動作速度を意図的に引き下げていたことを認めています。
アップルはiPhoneに搭載されているリチウムイオンバッテリーが古くなり、出力が不安定になることで、予期せぬシャットダウンなどが発生するのを避ける目的で、このような対策をとっていたと言います。
○バッテリーサイクルはスマホだけでは調べられない?
Appleは、スマホの充電サイクルが500回を超えるとバッテリー機能が低下してしまうことについて、サポートページでも言及しています。
しかしiPhoneのバッテリーサイクルを調べるには、MacかWindowsパソコンが必要で、iPhone自体で調べることができないのが不便です。
そのため、バッテリーサイクルがどうなっているのか、自分で把握していない人も多いのです。

Appleは
iPhone6以前のモデルについて、
バッテリー交換料金を一時的に引き下げる他、
2018年前半にiOSのアップデートによってiPhone単体でバッテリー状態を確認可能にする、
と発表しています。リモートサポート アプリ

No comment at this moment

Be the first to comment!

Leave a reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>