TIS、SaaS型リモートアクセスサービス「RemoteWorks」でセキュリティ強化

リモートアクセスはとても便利ですが、一方で、情報セキュリティの強化も必要です。
クラウドサービスの利便性が評価される一方で、セキュリティ対策が透明化されていないことへの不安や、セキュリティレベルの信頼性の担保が課題となります。
そこで、東京の新宿にあるTISインテックグループのTIS株式会社では、SaaS型リモートアクセスサービス「RemoteWorks(リモートワークス)」が、クラウドサービスに特化した国際規格でもあるISO/IEC 27017に基づく「ISMSクラウドセキュリティ」の認証を取得しました。
企業がクラウドサービスを選ぶ時の目安となる、認証へのニーズも高まっています。
○RemoteWorksで情報セキュリティが守られる?
情報セキュリティ全般に関するマネジメントシステムのISMSや、品質マネジメントシステムの認証取得、プライバシーマーク取得など、各種認証取得に積極的に取り組んでいます。
第3者機関の客観的な評価による情報セキュリティ体制の整備・運用につとめてきました。
今回の「RemoteWorks」の「ISMSクラウドセキュリティ」の認証も、情報セキュリティ管理体制の強化の一環として取得しています。

No comment at this moment

Be the first to comment!

Leave a reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>