twitter Twitter not configured gradient

遠隔サポートサービスでトラブルをスムーズに回避

パソコンやスマホを日々多用していると、何かしらトラブルにあってしまうこともあるでしょう。
そんな時、ご自分でうまくトラブルを解消できれば問題ありませんが、もしも機械に弱くて苦手だった場合、そうはいきませんよね。
しかし遠隔サポートサービスを利用すれば、専門のオペレーターが遠隔操作してくれるため、トラブルを迅速に解消することが可能です。
トラブルが発生した時、社外の専門家に問い合わせ、専門知識を持ったスタッフさんに対応してもらうことで、解決が早急に図れるでしょう。
自己流で操作してしまうと、状況がさらに悪化してしまう恐れもあります。
専門スタッフに個別で対応してもらうことによって、自社で対応するよりもスピーディーにトラブルを解消していけるでしょう。
○社外から遠隔サポートしてもらうことによって業務の効率化
業務を効率的にこなしていくためにも、遠隔サポートは重要です。
遠隔サポートは、カフェやご自宅にいながらも、オペレーターに遠隔操作してもらうことができるので、自分一人では解決の難しい問題でも、スムーズに問題を解決していくことが可能となります。
詳しくはこちら

中国のスマホメーカー「OPPO」の洗練された薄いデザインにも注目

予想通り、中国のスマホメーカーである「OPPO」が、日本のSIMフリースマホ市場に参入してきました。
日本で出ている最初のスマホ「R11s」は、海外で販売されているR11sと同じで、後ろにデュアルカメラ、インカメラにビューティーモードを搭載しています。
最もカメラ機能に力を入れた構造にしています。
○薄く洗練されたメタルボディーも魅力的
本体をもってみると分かりますが、極薄です。
側面も本当に細くてシャープです。
背面にはデュアルカメラとライト、指紋センサーとOPPOのロゴのみでスッキリしています。
アンテナのスリットは本体の縁に沿って、あまり目立たないように工夫されています。
今回日本に投入されるR11sも、スペックはグローバルモデルと同じです。
バッテリーの容量は3205mAhです。
カメラは背面にデュアルカメラを搭載していて、インカメラは2000万画素です。
2:1の縦長有機ELディスプレイにデュアルカメラと、最近のスマホのトレンドを取り入れた端末になっていますが、プロセッサがSnapdragon 660と、控え目です。
ただし値段は57,980円と、ハイエンドモデル並みです。お問い合わせ : リモートサポート、リモートコントロールのRSUPPORT – リモートコール

従来の問題点をクリアした遠隔サポート

パソコンやスマホといったデバイスやwebサービスのユーザーへのサポートとしては、
電話によって行うのが一般的です。
しかしながら、最近ではオペレーターがリモート操作によって、必要な操作を代行する「遠隔サポート」が一般化してきています。
そこで今回は遠隔サポートについての概要や、遠隔サポート提供側とクライアント側のメリットやデメリット、さらには活用するための注意点をわかりやすくまとめています。
○遠隔サポートって何?
遠隔サポートは、オペレーターが離れたところから操作することによって、必要な操作を代行してくれるものです。
一般的にいうと、ユーザーは以下のようなステップで遠隔サポートしていきます。
ユーザーへのサポートは、従来は電話によって行われてきました。
しかしながら電話だけに頼ったサポートでは、ユーザーが取るべき行動をオペレーターが正しく伝えることが難しいという問題点もありました。
しかしながら遠隔サポートであれば、このようなもどかしい事態を回避することが可能です。電話による指示だけではなく、ユーザーが目にしているPCやスマホの画面上で指示を出す、オペレーターが直接操作をすることによって短時間で要領よく、的確なサポートを行えるからです。
このような意味においても、ユーザサポートにおいて遠隔サポートが一般化しつつあるのは自然と言えるでしょう。画面共有 iphone

リモートアクセスが人気、その背景とは

皆さんこんにちは。
今日は「リモートアクセス」についてのお話です。
利便性が高く、様々な企業でも取り入れられているリモートアクセスですが、セキュリティ面に関する課題があるのも事実です。
○リモートアクセス普及の背景
パソコンやモバイル端末が広まるようになり、移動先や家にいても、いつでも企業内のデータにアクセスすることができるのは、「リモートアクセス」のおかげでもあります。
会社内にいなくても、リモートアクセスがあればまるで社内で作業しているかのように、仕事がはかどります。
どこにいても場所を選ばないということですね。
これは、「オフィスにいる時と同じように出張先や家でも仕事をしたい」という要望をかなえるために実現しました。
最近では、「リモートアクセス」に対する要求も高まっています。
これまではリモートアクセスのため、企業内のイントラネットにRASを設置して、ダイヤルアップでつなぐ方法が使われていました。
しかしこの方法では利用者数や距離に応じて費用が高くなってしまうことや、回線速度が遅くてアプリケーションが使いづらくなるといった問題がありました。
そこで最近では、ネットでブロードバンド回線が普及し、リーズナブルな価格で高速通信が可能となったのです!https://www.remotecall.com/jp/

スマホのカメラ機能がカメラ自体を追い抜いてきている?

現代では、スマホのカメラ機能もカメラに劣らず高性能になってきていますよね。
デジタルカメラの販売が落ち込んでいるという話は最近よく聞く事ですが、それをレポートにしたものが、写真共有サービスのアメリカ、フリッカーによって公表されました。
○コンパクトデジカメが急減速している?
フリッカーによると、2017年の1年間で同社サービスに投稿された写真のうち、スマホで撮影された写真は、全体の50%にものぼりました。
その一方でデジタルカメラは49%で、その内訳は一眼レフが33%、コンパクトカメラが12%、ミラーレス一眼カメラが4%です。
要するに、スマホとデジタルカメラによる写真の比率は、拮抗してきているのです。
しかしながら、スマホの比率は一昨年の48%から2ポイント上昇しています。
これに対してコンパクトデジタルカメラは、一昨年の21%から大きく低下しました。
ただしデジタル一眼レフは同8ポイント上昇し、ミラーレス一眼は、3年連続して前年と同じ比率でした。
この写真は、一眼レフを使って本格的なものを撮る以外、スマホがあればこと足りるということです。リモートサポート ツール

女子高生が一番好きなスマホはやはりiphoneだった!?

12月8日、MMD研究所とテスティーがネット上で行った「中高生のスマホ利用に関する調査結果」を発表しました。
○調査対象期間は?
リサーチの対象年齢は12~18歳のスマホユーザーで、対象期間は今年10月26日から11月2日まで行われました。
○使用しているOSは?
・Android
男子中学生の44.9%
女子中学生の34.4%
男子高校生の51.6%
女子高校生の29.2%
・iOS
男子中学生の47.5%、女子中学生の56.4%
男子高校生の45.6%、女子高校生の69.0%。
○iPhoneユーザーは女子高生に多い?
上記の結果から全体的に分かる事と言えば、男子よりも女子の方がiphoneを使っている比率が高い事です。
特に女子高生になるとiphoneユーザーが69.0%にものぼり、Androidユーザーの29.2%と比較してみると、2倍以上にもなります。
iphoneは、ティーンから絶大な支持を得ているようですね!
○中高生はスマホを一日何時間使っている?
ちなみに中高生はWi-Fiをうまく活用して、毎月のデータ通信量を調節しながら使っているようです。一日のうち、Wi-Fiにつなげてスマホを利用している時間の合計で最も多いのが、6時間以上で、全体の23.4%にものぼります。
次に多いのが1時間~2時間未満の22.3%、3時間以上4時間未満が15.0%という結果です。お問い合わせ : リモートサポート、リモートコントロールのRSUPPORT – リモートコール

マーケティングにお役立ち!遠隔サポートにも「ボクシル」がおすすめという話があるのですが…

ビジネスにおいてリモートアクセスや遠隔サポートサービスを利用していると効率がいいと言われていますが、それでは、そのようなサービスを利用するには、何から始めたらいいのかわからないという人もいるでしょう。
そんな方に、「ボクシル」がおすすめです。
○ボクシルって何?
ボクシルとは、売上向上や費用削減につながる法人向けサービスを中心に、様々なサービスを展開しているサービスです。
何かサービスを取り入れたいと思うものの、どのようなサービスがあるのかわからない、同じようなサービスがあり、どのようなサービスが優れているのかわからない、そんなお悩みを解消してくれるのが、ボクシルです。
マーケティングに問題を抱えている法人様にとって、ボクシルはとても役立つでしょう。
ボクシルは、もっと効率的に見込み顧客を獲得したい!という法人さんに便利なサービスを提供してくれます。
リード獲得支援だけでなく、タイアップ記事広告の作成など様々なニーズにも応えてくれるでしょう。
低コストでハイクオリティ、効率、最低限のリスクでマーケティングが進められると期待できるでしょう。
リモートサポートツール プログラム・資料ダウンロード | お客様サポート

遠隔サポートによって工数が削減できます

リモートアクセスを利用することによって、効率的に作業することができるので、より的確でスピーディーに処理することができるでしょう。
○遠隔サポートで業務効率化がはかれます
慣れない作業ほど、時間や手間がかかってしまうものですよね。
ソフトウェアの操作中にトラブルが発生してしまうこともあるでしょう。
例えば操作方法がわからなくなった時でも、リモートアクセスを導入していれば解決がとてもスムーズです。
サポート担当者へ連絡し、リモートアクセスでトラブルを回避することもできるはずです。
画面で操作状況を見ながら、その場で解決してもらうことも可能でしょう。
普通ならわざわざ担当者に訪問してもらい、口頭でアドバイスを聞いて理解し、自分で操作という流れですが、これでは余計な手間が出てしまいますよね。
解決にも時間がかかってしまうことになります。
新しく業務を担当する時や、新しいソフトウェアを導入していれば、このようなトラブルや手間が発生しやすいです。
しかしリモートアクセスであれば、サポート担当者が操作している画面を見ることもできるため、解決に必要なノウハウが個人にも蓄積されてきます。
このため、社員の教育支援という意味合いでも、リモートアクセスは効率的でしょう。リモートコール

エキサイト、ファーウェイがAIのスマホ「HUAWEI Mate10 Pro」を販売

エキサイトモバイルは、ファーウェイのスマホ「HUAWEI Mate10 Pro」の予約受け付けを開始しました。
12月1日から販売開始です。
○6インチのOLED
HUAWEIはHDRディスプレイを採用したスマホで、画面解像度はFHD+(2,160×1,080)です。
ファーウェイは「スマホ向けAIプラットフォーム」と呼んでいます。
AI内蔵の次世代型チップセット「Kirin 970」を内蔵しているのが特徴です。
「HUAWEI Mate9」と比べてみると、最大25倍のパフォーマンスと、最大50倍の電力効率を実現しています。
電池はヘビーユーザーであれば一日以上、平均的なユーザーだと2日間もつと言われています。
○被写体を最高品質で撮影してくれる?
メインカメラは二重構成。
なんと200万画素のモノクロセンサーレンズと、1200万画素のRGBセンサーレンズを装備しています。
F値はどちらも1.6で、夜に撮影した時でも綺麗な写りになります。
さらに1億枚に及ぶ多様な画像をインプットしたAIが、被写体を最適に撮影してくれるでしょう。
○HUAWEIの価格は…
HUAWEIの端末価格は79,800円です。
ユーザーは一括払いか分割払いかを選択する事ができます。
24回払いであれば、一か月あたり3,325円となるでしょう。remotecall.com

たった1分!今話題のニュースがスマホで手軽に確認できる「スマートニュース」

政治や経済などの真面目なニュースから、エンタメやスポーツ、グルメ情報など軽いニュースまで、スマホで楽々めくっていくだけでチェックできてしまうアプリができました。それが「スマートニュース」です。
サクサクと今話題のニュースが確認できる上、全部タダ!
このアプリが人気となり、2500万もダウンロードする人が出ています。
○新聞不要!海外ニュースもスマートニュースでチェック簡単
スマートニュースは海外ニュースにも対応していて、英語の原文でもスラスラ読めます。
どれだけの量を読んでも全部無料なので、新聞をとる必要もなくなりますね。
気になる事があれば、スマートモードにすれば圏外であってもサクサク読めるでしょう。
天気予報もリアルタイムで正確な天気がわかるので、予定も立てやすいです。
○1000万件以上ものニュースを独自に解析
スマートニュースは、1000万件以上ものwebページを独自の技術を駆使してリアルタイムで解析しています。
そのため旬の話題がたっぷり届くので、読み応えあるでしょう。
電波が悪くても読み込めるので、クセになるほど気持ち良く操作できて、評判となっています。
写真もたくさん使って読みやすいように工夫しているので、活字が苦手な人にもぴったり。リモートコール